【BAR EVASION エヴァシオン】はソムリエのお店で、ワインも料理もマスターも素晴らしい~・オススメです!


何度か本町にオープンした【BAR EVASION】に行ったのですが、入れず今回行くことができました。
お店の入口には、このドクロマークで、「えっ、これワグネルなの?」と思っちゃいました。

マークはヒールですが、ここのお店とってもいいお店でした。(^^)

見出し

■函館市本町32-1 2階
■電話 090-9438-9263
■営業 18:00~02:00
■定休 月曜日 

BAR EVASION (キャプテン ゆう) - Instagram: "〜 ソムリエとしての経歴 〜 自身の店をオープンして、半年が経ちます。初めまして!の方もたくさんいらっしゃいますので、簡単に自身のソムリエとしての経歴を載せておきます。 長くなりますので、ご興味のある方は覗いてみて下さい。 ①バル レストラン ラ・コンチャ(函館) ・2010年〜2013年まで店長として在籍。本場のスペイン料理を学ぶ。深谷シェフからは料理だけではなく、経営者としての在り方など、枚挙にいとまがない程教わりました。 ②セレブール(赤坂) ・2013年の数ヶ月間在籍。ラ・コンチャの経験を活かし、東京に進出するも挫折。ソムリエとしての実力差をまざまざと見せられ、辞めようかと思ったほど。 この店はフレンチで、ワインも400種類程あり、何が何だかわからない状況。精神的なプレッシャーで不眠症になりました笑 ③ロワゾー パー マツナガ(函館) ・2013年〜2016年までサービス責任者として在籍。函館に本格的なフレンチレストランがオープンするという事で、お声をかけて頂き、オープニングスタッフとして関わらせて頂きました。 松永シェフにも沢山の事を教えて頂きました。まだまだ実力が伴わなく、恥ずかしい事だらけでしたが、一年位たって覚醒。日々の努力や、シェフの求めるレベルの高さのおかげで成長しており、そこからは恐怖感が無くなりました。 ソムリエとしての自信がついたのも、ロワゾーで働けたからこそ。反発してご迷惑をかける事も多々ありましたが、松永シェフ&マダムには、本当にお世話になり、感謝しかありません。 料理、ワイン、サービス、全てが揃っており、レベチです笑⭐️⭐️⭐️ ④バル レストラン ラ・コンチャ(2回目) ・2017年〜2019年まで統括マネージャーとして在籍。ロワゾーを退職し、独立しようと動いてましたら、ラ・コンチャを本来の姿に戻してほしいと、深谷シェフからお声をかけて頂き、働かせて頂きました。 新たなスタッフとの出会いもたくさんあり、今に繋がるいい経験をさせて頂きました。 ⑤函館国際ホテル(レストラン アゼリア) ・2019年〜2022年まで在籍。独立する前にホテル業界を経験してみたく入社。リッツカールトンへの憧れもあり、期待が渦巻く中働きましたが、思い出したくもない位、最低な会社でした。ソムリエとしてサービスマンとして、何の成長もできず、不毛な時間を過ごしました。唯一の救いは、スタッフがいい人でしたので、今でも仲良くしてます笑 ⑥BAR EVASION(函館) ・2023年3月11日〜。キャプテンとして、函館本町に降臨。まだまだ理想や目標には程遠い感じで、日々漂流してます笑 お付き合い頂いた方、ありがとうございました☺️ では、今晩お待ちしております🤭 #bar#barevasion#evasion#sommelier#ラコンチャ#laconcha#ロワゾー#loiseau#セレブール#函館本町#函館本町bar#函館五稜郭#函館五稜郭bar#社交辞令大嫌い#物事ははっきり言う性格です"
49 likes, 7 comments - : "〜 ソムリエとしての経歴 〜 自身の店をオープンして、半年が経ちます。初めまして!の方もたくさ�..."、evasion.hk2023September 6, 2023

お店のインスタグラムです。

ここは2023年3月11日にオープンしました。


場所は、ここの二階です!


お店の場所は、函館市本町の「もつ焼きとハイボールの店 あきない酒場」さんの横の二階です。

以前に住所でお店を探して「焼き鳥 わたなべ」さんの2階にもBARがあるんで、そこかな~と思ったのですが、ここにはお店がなくて入ることができなかったんです。
同じビルですが、二階の場所が違うのでちょっと注意です。


店名の由来は?!


店主さん、ここの建物を見た時にこの階段のところが船内にある階段のように見えたということで、インスピレーションでお店をオープンするにあたりイメージは、これは海賊船かな思ったそうです。
それにしてみようと天井にもこのような、ほどこしをしています。
ここは、営業時間も航海時間としていて、定休日を停治日としています。
こだわっています。

店名の由来ですが、EVASIONをググって訳すると「脱走」とか「逃れること」の意味なのようで、ここでは「気晴らし」と意味するそうです。

マスター
マスター

お店で「日常を忘れて元気になってほしい」

との思いがこめられています。
いいですね。(^^)


メニューを見てみます。
ちょっとボケました。

画像修正かけてみたのですが、ここまででした。クリックで拡大します。

まずはスペインのビールで!


まずは、スペインのビールです。
アルハンブラ・エスペシャル・ビールというようです。


注いでもらいます。

値段は忘れましたが、800円くらいだったかな~。
「まずは、ビール」が口癖になっています。


「オードブル3点盛り合わせ」 750円。

オリーブの実だったかな。真ん中は、マッシュルームのセゴビア風だそうです。
ポテサラがロシア風で、酸味をだすようにサワークリームを使っているそうです。
こういうポテサラは、初めてだったんで面白い味でした。


生ハムは、これです!


マスター、生ハムをカットします。


スペイン産 ハモンセラーノ(生ハム)の盛り合わせ 1200円
これは、ここに行かれたら必ず注文されたほうがいいと思います。

これとワインのペアリングはかかせません。(^^)


ここのワインは、基本グラスワインです。
これですが、「赤でフルボディに近いの」とお願いしたら、こちらが出てきました。
ヴィニエティ デル サレント トレ イコーネというみたいです。

この数字の「668」ってなんだべ?


この数字の663というのが、このワインで使われているイタリア南部の3か所の州のブドウ畑を結んだ距離を示しているそうです。663km。

ワインを飲みながら、そのような話をマスターから聞けるのは楽しいものです。
なんか、ワインにハマってしまいそうです。


アヒージョは2種類あり、スタンダードのエビにしました。800円


アヒージョは、パンの料理なんでバゲットをつけます。


これもフルボディの「ドラゴン グラン レセルバ 2014 ボデガス ベルベラーナ」です。
これはスペインのワインのようで複雑な味わいで、ちょっとした渋みを感じてこれもいい感じです。

いや~、ここのワインいいんです。


「ラム肉の竜田揚げ」を頼みましたが、なんでこのような料理かな~と内心思っていました。
ところがです。
これがワインと合うんです。
「まさがよ~」でした。(^^)
これにはビックリ!

料理のスキルアップにも研鑽に励んでいるということで更に期待です。



次のワインは、Rと書かれてるんで、「楽天」です。😀
というのは冗談で、調べてみたところ 「エール・バイ・クリネ 2014」 でフランスのブルドーのようです。
このワイン、最初に飲んだのがフルボディに近かったので、それよりは薄く感じましたが、これ果実をしっかりと感じ爽やかな感じのワインでした。

ここはソムリエのお店でした!

お~、ここのお店のなかなかやるな~と心の中で思ったんですが、なんとソムリエさんのお店だとは知らなかったんです。
失礼しました。次からは最初からワインです。(^^)



そうそうたるキャリア!

●バル レストラン ラ・コンチャ(2回)
●セレブール(東京赤坂のフレンチ)
●ロワゾーバーマツナガ
●ホテル

後ほど、お店のインスタで見たのですが、すごいキャリアです。

キャリアを生かしたお酒のセレクト、料理、接待は素晴らしいものでとっても満足しました。
知識もハンパないものです。

函館のG
函館のG

にもかかわらず気取らずに行けるお店なので、また再訪します。(^^)
ここのお店、いいですよ~。オススメです。


ここのお店いいんで、書くのにも気合が入ります。(^^)


広くゆったりしたカウンター席です。


カンウターの札束がありびっくり。
札を見ると、”0”は8個でした。(笑)
ティッシュのBOXでした。